R+houseは価格に手が届くハイクオリティな住宅

ic_R+concept

R+houseは価格に手が届く「建築デザイナーが設計するハイクオリティな高気密・高断熱住宅」

「デザイナーズ住宅」だけではない、「高気密・高断熱住宅」だけでもない。
R+houseは価格に手が届く「建築デザイナーが設計するハイクオリティな高気密・高断熱住宅」。

一般的にデザイナーズ住宅は、建築士や建築家と打ち合わせをしながら住まわれる方のライフスタイルやデザイン性を重視し設計をします。オリジナルの住宅になりますので、価格が高くなります。

一般的な高気密・高断熱の住宅は、断熱材を張り巡らせ、開口部の建材を熱の伝わりにくいものを採用し、室内の温度を逃がさずに室外の温度が伝わらないようにすることで、冷暖房効率がよく、また、家の中での温度差が少ないためヒートショックの心配が少ないつくりです。高気密・高断熱にするための断熱材や建材を使用するため費用が高くなります。

 

打ち合わせ風景

R+houseは、建築家と打ち合わせをし、高いデザイン性のオリジナル住宅でありながら、高気密・高断熱にこだわった住宅です。

R+houseのアトリエ建築家は、住まわれる方の価値観やライフスタイルをカタチにしていきつつ、コストコントロールを行います。

R+houseの高気密・高断熱のつくりは、耐震性・耐久性を高めるため面の強さを取り入れたオリジナル高断熱パネルのR+パネルを標準としています。精度の高い施工をすることで、断熱性・気密性を高め、計画換気を取り入れることで、高気密でありながら、結露ができにくく、カビやダニの発生を抑制します。
住宅は1件ずつ気密性が異なるため、気密性が基準値をクリアしているか1件1件実際に気密測定を行い、確認をします。

高性能なR+house

ここまでの内容を考えると、とても価格の高い住宅に思われるかと思いますが…R+houseは違います!

R+houseは、
「建築家との打ち合わせの前に、要望と予算を事前に整理・共有することで、打ち合わせの効率化を図り、アトリエ建築家の設計費を抑える」
「Web上で直接メーカーへ発注し仕入れるシステムを可能にしたことで、中間マージンを省き流通のコストを削減」
「効率の良い建築モジュールを用いることで、余計にかかる経費をなくしつつ、構造の強い家づくり」
「それぞれの工事がスムーズにいくよう入念に計画を立て、職人さんが工事しやすい設計にすることで工事期間の短縮」
「実際は建築される方の費用に加算されている、無料とうたうサービスや広告宣伝費などの営業経費をなくし、明瞭な建築費用を算出」

R+houseは、余計なコストを削減させる独自のルールを設け、手の届く価格にしたハイクオリティ住宅なんです。

 

R+houseロゴ