R+house?業者ってどうやって選べばいいんだろう?

ic_R+suppliers

家を建てようと思った時、どういう家にしたいのか考えられることかと思います。
ご自身の希望はどう叶うのか、予算はどのくらいなのか等、情報を入手するため、インターネット・雑誌・住宅展示場等の様々な媒体をご覧になることかと思います。
そして、実際にご自身の希望の家を建てるには、どういった業者に頼むのがいいのか悩まれるのではないでしょうか。

 

業者選び
<住宅会社の一般的な特徴>
・予算は高くても、知名度や工期の短さ、安定した高い住宅技術や品質などで安心の「ハウスメーカー」
・予算や土地に合わせたこだわりのマイホームを住まわれる方の目線で設計する「設計事務所」
・地域の施工会社のため、その土地に適した家の建築を一貫して行うアフターフォローも迅速な「工務店」

 
<気になるデメリット>
・ハウスメーカーは、管理と工事が別会社のため融通が利きづらく、大量生産のため、こだわりを実現するとなると高いオプション料金が発生してしまう
・設計事務所は、設計期間に時間を割くため工期が長いことや別途設計料が発生すること、管理と施工の会社が異なるため設計通りにならにこともある
・工務店は、ハウスメーカーより工期が長く、工務店によりデザインの当たりはずれや費用の差がある
このように、こだわりのマイホームを建てようと考えられたら、メリットだけでなくデメリットもあるものです。

 

こだわりマイホーム

R+houseは、
・コストコントロールを行う一流の建築家による「高いデザイン性」
・高気密・高断熱を一定以上に保つ「高品質の住宅技術」
・工期や材料の無駄を省いた「効率の良い施工」
・余計な中間マージンや営業経費を削減した「高いコストパフォーマンス」
・住んでからも快適で安心感が続く「充実のアフターサービス」
が備わる住宅です。

価格だけを見た場合、決して安いと思われる価格ではないかもしれませんが、設計事務所へ依頼するデザイン住宅やハウスメーカーへ依頼する高気密高断熱住宅は、元よりそれぞれ高いものです。
R+houseは、「高いデザイン性」「高品質の住宅技術」の二つの特徴を併せ持つ住宅です
が、「高いコストパフォーマンス」により手の届く価格となっています。

”高い” ”安い”の価値は、そのものに対してその方がどう思うかで決まります。
R+houseで建てたこだわりのマイホームは、価格に対して安く感じられる方が多いそうです。

マイホームは大きな買い物で、毎日の生活をされるところですので、後悔されることのないように何に重きを置いて家を建てるかを考えられたうえで、しっかり相談されて、ご納得のいくマイホームを建てられることをおすすめします。

 

R+houseロゴ