R+houseの構造について

ic_R+construction-min

R+houseは、高性能にこだわった快適な住宅を実現します

R+houseは、高気密・高断熱にこだわり、軸組み工法の自由度とツーバイフォー工法の面の力を取り入れた住宅です。住宅の最重要性能である耐震性、耐久性、耐熱性の基礎となる面構造にR+パネルを標準とします。
R+パネルは、建物の強度が増すだけでなく、高気密・高断熱の家づくりに効果的です。

R+houseの高気密・高断熱の住宅は、健康や環境、快適な生活を送るための大切なメリットがたくさんあります。

・冷暖房費の削減(省エネルギー)
・家の中で温度差が小さくなることで、ヒートショックやコールドドラフトを防ぐ
・結露の減少により、カビやダニの発生を抑制
・花粉、ほこりなどの侵入しにくい
・防音効果が高い

 

■高断熱住宅とは?

高断熱の住宅は、部分ごとに断熱性能の高い建材等を使用することで高断熱住宅になるのではありません。
外壁・屋根・開口部から室内の熱が室外へ逃げないように、また室外の熱が伝わらないようにしっかりと家全体を区切り断熱することで、冷暖房効果が高く、環境への負荷も少ない高断熱住宅となります。

断熱の性能は、熱損失係数Q値または外皮平均熱貫流率UA値で表され、R+houseは、次世代省エネルギー基準(長期優良住宅の認定基準)を十分に満たしています。
Q・UA値

 

 

 

■高気密住宅とは?

高気密の住宅は、住宅の隙間を減らし、熱損失を少なくしつつ、計画換気をすることで、結露解消等の生活環境を快適にし、耐久性を高めた住宅です。

住宅は一棟ずつ建て、住宅毎につくりが異なりるため、機密性能も住宅毎に変わります。そのため、カタログにある数値と異なることは往々にしてあります。
実際に気密性が確かめられていなければ、せっかく気密性を重視した住宅を購入したと思ってもメリットが機能しない住宅となってしまいます。

高気密を表すC値は、値が小さければ高気密を表します。R+houseは、住宅毎に気密測定C値を行うことで、省エネルギー基準を十分にクリアしているか確認し、後悔させない住宅づくりをします。

C値

 

 

 

 

断熱材を入れ隙間をなくした高気密・高断熱住宅でも、きちんと施工をしなければ腐朽菌により住宅の強度が低下してしまいます。
きちんと合わせた断熱材で施工し、自然換気口からの計画換気をすることで腐朽菌が発生しにくくなり、長持ちする高性能な住宅になります。

高気密・高断熱住宅は、外気に影響がされにくいので、たとえ室温が同じでも断熱性の高い家と低い家では、体感温度は大きく変わります。
家の中の温度差が小さくなることで、ヒートショックなどの健康面の負担も減ります。

計画換気

 

 

 

 

 

外気に影響されにくく、家の中の温度差が小さい高気密・高断熱住宅は、快適なだけでなく、冷暖房効率がいいので、月々のランニングコストである光熱費を抑えることができます。

住み続ける家ですから、光熱費の変動にも大きく左右されない省エネルギーの住宅であることは大事なポイントだと思います。
2020年に義務化となるマイホーム基準ZEH(ゼロエネ住宅)として、R+houseは基準を満たす住宅です。

健康的で省エネルギーの住みよい家づくりをR+houseが実現します。

 

R+houseロゴ