低価格で良質な当社のリフォーム

費用は抑えても、工事の質は落としません!

リフォームをお考えになられたら、どこをどんなふうにリフォームしたいのか、不便なことやお困りのこと、些細なことまで気になるところを全部書き出してみてください。
そして、工事完了が終わりではなく、そこから何年も毎日使用し毎日目にする住まいです。安いというだけで、工事の質や仕上がりをみてお客様の不満が残るものではいけないと当社は考えます。
ですが、金額面はとても気になるところです。
当社は新築はもちろんのこと、リフォームでも完全自社施工です。中間経費の発生がありませんので、相場より低価格でお客様へご提供が可能です!
また、お客様から直接ご相談を受け、しっかりお話しさせていただき、工事完了まで自社で一貫しておりますので、認識の違いが起こりません。工事をスムーズに品質を落とさず進めることで、お客様に不安感を与えずに、ご満足いただける施工をいたします。

費用面はもちろんのこと、工事の質もご満足いただける当社へご相談ください。
お客様のご要望を伺い、お見積・ご提案いたします。

 

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
キッチンリフォーム
相場 50万円~
立田工務店 40万円~

キッチンには様々なタイプ(壁付け型・アイランド型・ペニンシュラ型・I型・セパレート型・L型等)があります。
一般的に、キッチンの本体価格は比較的リーズナブルな50万円ほどのものから、少しグレードの良い150万円ほどのものと、種類・グレードによって差があります。さらに、従来の配置から変更を行わない(給排水管工事不要)キッチンリフォームと、配置を変えることで給排水管工事・排気用ダクト工事・照明用電気工事、床・壁の補修工事等が必要となるキッチンリフォームでは、工事費に大きな差があります。
また、キッチンは、毎日利用し傷みやすい箇所ですので、実際に工事を始めてから補修の必要な箇所が出てくる場合があります。打ち合わせの際に、こういった可能性を含めしっかり丁寧に説明いたします。

数あるキッチンの中から理想のキッチンを探すのは楽しいけれど大変です。
現在ご使用になられているキッチンの改善したいところをまずお考えになり、シンク・コンロの配置はもちろん、冷蔵庫や電子レンジなどの調理家電、食器棚、ごみ箱の位置等、作業しやすさや効率を考えた導線、また、家族構成や生活スタイル、コミュニケーションの取りやすさ等も大きな選ぶポイントになるかと思います。
快適に利用できる理想のキッチンを探すお手伝いをします。

 

%e6%b5%b4%e5%ae%a4%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
浴室リフォーム
相場 70万円~
立田工務店 60万円~

浴室リフォームは、オーダーメイドの在来工法とユニットバスの2つのタイプで、金額・施工期間が変わりますし、浴室の大きさによっても金額が変わってきます。
ユニットバスは排水口と排管が直結しているので、在来工法の排水方法と異なり、大切な住まいへのダメージが少ない構造です。このような防水面や断熱性が高いこともあり、当社ではユニットバスへのリフォームをお勧めしています。
現在ユニットバスを使用されている場合、点検口から浴室のスペースを確認し、隙間やデッドスペースがあれば浴室を広げることが可能です。

近年のユニットバスは、光熱費を抑える保温浴槽や冬でも冷たくなりにくい床材、お手入れが楽な仕様等、様々な機能があります。グレードによって標準装備で、すでに多機能になっているものもあります。
メーカーにこだわりがなければ、デザインの好みや使い心地、家族構成によっての浴槽の高さ等、主要のポイントを押さえていただき、当社にご相談ください。ご提案いたします。

 

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
トイレリフォーム
相場 20万円~
立田工務店 18万円~

トイレのリフォームは、空間を有効に利用するタンクレストイレへの工事から、トイレの増設、和式から洋式への工事と幅広いニーズがあります。
和式から洋式へリフォームする場合、本体価格に和式便器の撤去や排水管工事、段差の解消・コンセントの新設工事費用が必要となります。
このようにリフォームの内容によって、工事内容・費用が異なりますので、給排水の配管を含めた構造などをご確認のうえ、どのような機能をご希望なのかをお伝えください。

便器や便座は、各メーカーから様々なデザイン・機能の商品が発売されていて、タンク・便座・便器の組み合わせを選べるもの・一体型があります。
ご使用になられるご家族構成によって便器のサイズや手すりの有無、また、トイレットペーパーのストックや掃除用具等の収納もトイレリフォームにおける大きなポイントとなることかと思います。
毎日使用し、使用頻度が高いトイレです。温水便座やウォシュレットなどの機能や、清潔で使い勝手の良いことを考え、快適な空間づくりをお勧めします。

 

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
フローリングリフォーム
相場(張替え) 6畳20万円~
立田工務店(張替え) 6畳20万円~

フローリングリフォームは、床の状態によって変わります。
現状に問題がなく重ね張りが可能な場合、床の厚みが高くなるため、扉の高さ調節等が必要になることがありますが、工事の手間は少なく、費用も抑えることができます。
歩くと床が鳴ったり沈む場合は下地材の傷みが考えられますので、張替えをおすすめします。下地などの状態を確認し必要に応じて補修を行いますので、費用はかさみますが、床の高さはほぼ変わりません。
また、畳からフローリングへのリフォームも行っていますが、下地の補強や段差を解消する工事費用が必要になります。

無垢のフローリングは、調湿効果によって夏はベタつかず冬は温かみがあり、香りや見た目の自然な風合いが魅力ですが、メンテナンスが必要で価格も割高です。
その点、合板のフローリングは、手入れが楽で、デザインや様々な加工のタイプが豊富です。リフォームする場所によって、加工のタイプを使い分けることをおすすめしています。水回りには汚れに強いもの、階段には滑りにくいものなど、適したフローリング材を使うことで良い状態を長く保てます。

 

%e5%a4%96%e5%a3%81%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
外壁リフォーム
相場(張替え) 100万円~300万円
立田工務店(張替え) 120万円~130万円

外壁リフォームは、素材によって様々ですが5~10年で家全体の点検をおすすめしています。
サイディングの反り・目地のひび割れ・白い粉が手につく等の劣化が見られる場合、壁内に水漏れする可能性がありますので、診断を依頼してください。
全面張替えの場合、既存の外壁材をすべて撤去しますので、下地や柱の内部の状態を確認でき、必要に応じて傷んでいる部分の補修や交換をします。工事費用は高くなりますが、築年数の古い住宅ですと、下地から新しくすることで、断熱や耐震補強ができます。
重ね張りをする場合、外壁が二重になり重量が増えることで耐震性能が落ちてしまいますので、重ねるサイディングを考えなければなりませんが、撤去した外壁の廃棄がないのでその分の費用を抑えることができます。
また、サイディングのひび割れを見つけた場合、部分補修で大丈夫なのか全体補修が必要なのか、補修費用だけでなく足場を組む費用等も発生しますので、まずはご相談ください。

サイディングは、窯業系・金属系・樹脂系・木質系などがあり、さらに色や模様が多数ありあります。
各系列でも材質や特徴によって価格が変わりますので、金属系は重量が軽いため重ね張りのリフォームで多く用いられている等、張替えなのか重ね張りなのかによってでも採用するサイディングが変わります。
最近では、汚れが付きにくく耐久性の高いサイディングがあり、採用することで再塗装の必要がなくなってきています。

 

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0
屋根リフォーム
相場(葺き替え) 70万円~120万円
立田工務店(葺き替え) 60万円~

屋根リフォームは、素材によって耐久年数が大きく変わります。採用されている素材の耐久年数を確認しそれぞれの耐久年数のタイミングで点検をおすすめします。
15年以上手入れをされていない・雨の翌日が晴れでも湿気っぽい等、共通すること以外にそれぞれの屋根素材によって違うリフォームのポイントがあり、それらを放っておくと雨漏りにつながりますので、診断を依頼してください。
葺き替えの場合、既存の屋根材をすべて撤去しますので、下地の交換もでき、工事費用は高くなりますが、軽い屋根材を採用することで地震に強くなります。
屋根下の喚起の必要があるため屋根の形状できないものや、寒気の候児が必要になりますが、屋根にも葺き替えがあります。既存の屋根を覆い二重になることで断熱性や遮音性も上がり、撤去した屋根の廃棄がなく、工期が短いので人件費含め費用が抑えることができます。

屋根材には、瓦・スレート・金属系があり、金属系の屋根材ガルバニウム鋼板は、防錆性が上がったため耐久年数も増え、軽量・低価格で様々なデザインがあるため、近年採用が増えています。
葺き替えの際、和風・洋風各風合いに合ったデザインは元より、耐久年数やメンテナンスのことを踏まえて考えてみてはいかがでしょうか。

外壁リフォームと屋根リフォームでは、足場の設置が必要になりますので、同時にリフォームすることでその費用が抑えられますので、まずは診断をご依頼ください。