構造・工法について

ic_method-min

%e5%9c%a8%e6%9d%a5%e8%bb%b8%e7%b5%84%e5%b7%a5%e6%b3%95在来軸組工法

在来軸組工法は、土台・柱・梁を組み上げ、筋交い・耐力壁・補強金物等の補強材で強度を高めた日本の伝統的な工法です。
鉄筋とコンクリートで構築された基礎と固定し一体化させ、耐震強度の進化と現在の建築基準法に沿った耐震構造です。
外観や間取りの自由度が高く、建てる土地に合わせた設計ができます。
日本には四季があるため、気温や湿度の変化が大きい国ですが、在来軸組工法は日本の風土に合う工法で、最も普及しています。

%e3%83%99%e3%82%bf%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e5%b7%a5%e6%b3%95ベタ基礎工法

地盤の耐力を向上させ、家の荷重を全体で受け止め面で支えるため、不同沈下(基礎や構造部が傾いて沈下すること)を防ぎます。
地盤全体に防湿フィルムを敷き鉄筋を配筋し、鉄筋検査合格後、コンクリートで覆い基礎を形成しますので、地面から上がる湿気を遮断し、シロアリの侵入も防ぎます。

%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e5%b7%a5%e6%b3%95基礎パッキン工法

基礎パッキン工法とは、基礎と土台の間にパッキンを敷き、住宅の床下の換気を行う工法です。
従来の鉄筋を切って基礎に開口部を設ける工法ではないので、強度に優れています。全周で換気をしますので、床下点検口に比べ換気効率が高く、断熱材の中の湿気を逃がします。床下が乾燥することで、腐朽菌の発生を防ぎ、シロアリを寄せ付けません。
使用するパッキンは、特殊構造の換気スリット+防鼠材で湿気を効率よく排湿し、基礎立ち上がり部の化粧モルタルが被らないようにする為の左官定規を兼ね備えた形状の物を使用しています。素材は、樹脂のやわらかさと石の硬さを併せ持った複合材でできており、床下は日光があたる場所ではないため、半永久的な使用が可能で、一般の木造住宅を支えるには充分すぎる耐荷重性能があります。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e9%80%9a%e6%b0%97%e5%b7%a5%e6%b3%95外壁通気工法

外壁通気工法は、室内から湿気が入り込んだり、断熱材の欠損により発生する壁内結露(内部結露)を防ぐ工法です。透湿防水シートで壁内部を覆い、外壁材との間を外気が流れることにより、外に湿気を逃がします。
また、室内側の湿気を壁の中に入れないようにしますので、建物の耐久性が向上します。

%e6%a0%b9%e5%a4%aa%e3%83%ac%e3%82%b9%e5%b7%a5%e6%b3%95根太レス工法

根太レス工法は、合板下地を受けるための根太を設ける床組みではなく、構造材に直接ラーチ合板(24㎜)を固定する工法です。
床材と構造体が一体となり面で支えるため、地震や台風などによる水平力に対して強く、
床を厚くすることで変形しにくいため、床鳴りが発生しにくくなり、耐火性能も上がります。
また、根太がないことにより、有効天井高が高く取れます。

%e5%88%b6%e9%9c%87%e5%b7%a5%e6%b3%95制震工法

制震システムを施工することで、地震時の揺れを装置が吸収し、建物に伝わりにくくするため、住宅の損傷を抑えます。
当社が施工する耐震システム:ミライエは、ゴムで揺れを吸収する耐震ユニットです。
1階に4か所設置するだけで、十分な制震効果が得られ、住宅全体を守ることができます。
施工も簡単なため、低コストで導入いただけます。